ジェネラリストではなくスペシャリストを目指そう!

2017年9月14日マネジメントから学ぶブログ運営

PR




今回は、ドラッカーの【マネジメント】から学ぶブログ運営・第11回「ジェネラリストではなくスペシャリストを目指そう!」です。

はい、皆さんこんにちは。いんたらくとです。

 

 

 

マネジメントから学ぶシリーズ・第11回

ドラッカーの【マネジメント】から学ぶブログ運営は、ドラッカーの名著である「マネジメント」エッセンシャル版をもとにブログ運営に役立ちそうな内容を、id:interactingがピックアップ、アレンジしたものです。

全12回にわたって、毎週月曜よる8時に公開します。よろしくお願いします。

 

ジェネラリストではなくスペシャリストを目指そう!もっと、正確に言うなれば、スペシャルなジェネラリストを目指そうです!

 

雑記ブログがおすすめできない理由

本当は雑記ブログはおすすめできません。なぜ雑記ブログがおすすめできないのかといえば、特化ブログよりも『読者の求める内容』を掴みにくいからです。

 

つまらないと思う

あなたが単に投稿するだけ、投稿するという行為だけに目を向けた場合は、色々なジャンルに手を出すことで、何を投稿するか選びやすくなります。しかし、あなたが何を投稿したいかは、読者にとって全く意味も価値もないことです。雑記ブログは特化ブログと比べて、取り扱う話題が増え、対象とする読者も多くなります。ある話題に興味のある読者Aさんとまた別の話題に興味がある読者Bさんがいたときに、どちらか一方には全く興味のない内容を見せている恐れがあります。

 

アクション映画が好きな人にファミリー映画を見せ続けたら、ロマンスが好きな人にノンフィクションを見せ続けたら、どうなるでしょうか。きっと「つまらない」という感想を持つこと間違いありません。

 

興味がない話題が続いてしまうと読者は読者であることを辞めてしまいます。それは当然のことです。興味があって読んでいてくれているのですから、興味がなくなればそうではなくなるのは自然なことです。

 

それが、SNS等の登録数と実際のアクセス数の乖離につながります。丁寧にジャンルを組み立てる事が必要です。だから、雑記ブログをおすすめできません。一つ一つ丁寧に組み立てていくことは大変に難しいので、まずは特化ブログがおすすめです。

 

特化しているジャンルを1つ2つと増やしていくことで、ゆる~く雑記ブログに移行するのがスムーズなのではないでしょうか。

 

雑記なら、相乗効果を!

例えばコーヒーについて取り扱っている内容のブログが、同じ飲料という括りで紅茶も取り扱い始めたら・・・。良い組み合わせか、悪い組み合わせか。最終的に良いか悪いか決めるのは読者です。それでも、前もって予測を立てることはできます。

 

ドラマが好きな人にコメディ映画を勧めるのはどうでしょうか。現在取り扱っている内容とリンクしている部分があれば、違うジャンルでも興味を持っていただけることがあるかもしれません。

 

特化ブログなら特定のジャンルについてのみ考えて書くことでファンが付きますが、雑記ブログでは何の関係もないような真の意味での雑記ではファンがつきにくいのです。雑記ブログの良いところは、少しずつ違うジャンルを広げていくことで読者の方に『別の世界』を届けることができる点です。

 

どうしても雑記なら相乗効果を見込めるジャンルを、調子が悪そうだったら分離しても成り立つレベルの記事を作成することが良いのではないでしょうか。

 

参考文献

マネジメント[エッセンシャル版] – 基本と原則

 

Posted by delightplan