適切な収益化を目指すことが記事品質の向上につながる3つの理由とは?

2017年9月14日マネジメントから学ぶブログ運営

PR




 

 

今回は、ドラッカーの【マネジメント】から学ぶブログ運営・第3回「適切な収益化を目指すことが記事品質の向上につながる理由とは?」です。

はい、皆さんこんにちは。いんたらくとです。

 

 

 

マネジメントから学ぶシリーズ・第3回

ドラッカーの【マネジメント】から学ぶブログ運営は、ドラッカーの名著である「マネジメント」エッセンシャル版をもとにブログ運営に役立ちそうな内容を、id:interactingがピックアップ、アレンジしたものです。

 

全12回にわたって、毎週月曜よる8時に公開します。よろしくお願いします。

 

ドラッカーの【マネジメント】から学ぶブログ運営 – 慶福企画

 

今回は、適切な収益化を目指すことで、記事品質の向上につながる3つの理由を解説していきます。そして、おまけに収益化するにあたって初心者が陥りやすい罠についても簡単に取扱います。

 

さあ収益化を目指そう!

第1回の最後に少しだけお伝えしましたが、多くの人が満足してくれるような品質のブログを作り出すためには、運営そのものや取材活動に結構な費用がかかってきます。ですから、良い記事や良い文章を書きたいならば積極的に収益化し、その収益を元手に更に良い情報を提供できるような工夫をしましょう。

 

【ドラッカー語録 No.4】

  • 利益は成果の判定基準である。
  • 利益は不確定性というリスクに対する保険である。
  • 利益はより良い労働環境を生むための原資である。

(p21,L3)

 

これをブログ運営に当てはめると、以下の3つの理由を導き出すことができます。

 

  1. 利益は成果の絶対的な判定基準である。
  2. 利益は不確定性への保険になる。
  3. 利益で未来への投資ができる。

 

私のようにブログを趣味として位置づけている人からすると、出費がかさんでもブログを書き続けていることが多いでしょう。しかし、いつまでも「金食い虫」では家庭内事業仕分けされたときに、今まで積み上げてきたものを失いかねません。

 

【ドラッカー語録 No.4a】

基本的な目標を実現するうえで必要な利益に欠ける企業は、限界的に危ない企業である。

(p35,L12)

 

というのは冗談ですが、収益化することで記事品質が向上するのは3つの理由があります。

 

ブログ運営で悩む前に、先ずは目的を決めよう! – 慶福企画

 

①成果の絶対的な判定基準である

まず、利益は成果の判定基準になります。経済活動の成果としての指標となるのが利益です。

 

記事の品質を向上させるためには今置かれている状況「現在の状況」を正確に把握する必要があります。正確に把握することで、課題や問題点を浮き彫りにして、改善を重ねていけば、今以上に価値のあるブログに成長する、品質は良くなります。

 

もちろん、アクセス数や収益という数値で測れないような「良い記事」もありますし、アクセス数や収益が良いからと言って「良い記事」とは限りません。それでも、客観的に判断できる基準としては優秀です。

 

②不確定性への保険になる

つぎに、利益は不確定性というリスクに対する保険になります。例えば、すっかり忘れた頃にレンタルサーバーの費用を払わなければならなかったり、パソコンが故障したりします。月に数万円でも急な出費は困りますし、必要機器が故障してしまえば、気分も落ちて生産性が失われてしまうかもしれません。

 

しかし、「そのための収益」があれば迷わずに、速やかに、購入することができます。無駄なダウンタイムを最小限に抑えることで、記事に向き合う時間が長くなり、結果として品質が向上します。

 

③未来への投資ができる

最後に、利益はより良い環境を用意するための元手になります。言い換えれば、利益があれば、あなたが望むような「集中できる良い環境」を用意することができます。最大限のパフォーマンスを発揮できるように、より短時間で作業が完了するように、あなた自身への投資ができます。

 

例えばモニターをデュアルモニターにして、内容を見比べながら記事を編集したら、悪い点や良い点が見つけやすくなります。目薬を購入すれば、目の疲労を軽減することができます。他にも買ったら良いのは分かっていても、購入できないものもあるでしょう。高級な椅子とか椅子とか椅子とか。

 

アーロンチェア ポスチャーフィットフル装備 グラファイト/クラシック Bサイズ AE113AWBPJG1BBBK3D01

 

 

もし、それらのような必要なものを購入することで、小さなことでも改善できたら、記事に向き合う集中度を高めることができ、記事の品質は上がります。

 

本当にそんなことで記事品質が向上するのかとお思いの方もいるでしょう。これだけははっきりと言えます。

ほんの些細な出来事に左右されます。だって、にんげんだもの。

 

まとめ

  • 利益は成果の絶対的な判定基準である。

判断の基準があれば、記事の課題や問題点を浮き彫りにでき、それを改善すれば、品質は良くなるから。

 

  • 利益は不確定性への保険になる。

保険があれば、記事に向き合う時間が長くなり、結果として品質が向上するから。

 

  • 利益で未来への投資ができる。

投資をすれば、記事に向き合う集中度を高めることができ、記事の品質は上がるから。

 

 

以上の3つの理由から、適切な収益化をすることで記事品質が向上します。

 

【ドラッカー語録 No.5】

利益は、医療、国防、教育、オペラなど社会的サービスと満足をもたらす原資である。

(p21,L6)

 

社会的なサービスと満足をもたらす原資」が言葉として分かりにくいかもしれませんが、ブログに限って言えば、読者にとって良いと感じるような内容や満足を届けることができるようになるということです。

 

収益化の注意事項

収益化にあたって、注意しなければならないことが2点あります。

 

  • 低品質コンテンツをばらまかないこと
  • 詐欺に合わないようにあなた自身で考えること

 

低品質コンテンツ

【ドラッカー語録 No.6】

社会及び経済にとって必要不可欠なものとしての利益については、弁解など無用である。

 

利益は品質の向上につながるため、ブログ運営によって利益を発生させることに罪悪感をもつ必要はありません。しかし、いくつか推奨しない収益化方法があります。

 

例えば、筆者の独自の視点が全く記されていない「本や他サイトからのコピペ」や読者にとって有害と判断されるような「あらゆる点で過剰なアフェリエイト」はおすすめできません。それらは、低品質コンテンツであり持続可能ではないからです。

 

 

また、無料を装って有料コンテンツへ誘導するなどの「詐欺行為」、及びに「読者の感情を害するような手法」は持続可能ではないので、どれほど良いコンテンツを含んでいても、一時的に伸びるものの見向きもされなくなり、比較的早い段階で成長が鈍化すると言われています。

 

  • 検索エンジンではなく、ユーザーの利便性を最優先に考慮してページを作成する。
  • ユーザーをだますようなことをしない。
  • 検索エンジンでの掲載位置を上げるための不正行為をしない。ランクを競っているサイトや Google 社員に対して自分が行った対策を説明するときに、やましい点がないかどうかが判断の目安です。その他にも、ユーザーにとって役立つかどうか、検索エンジンがなくても同じことをするかどうか、などのポイントを確認してみてください。
  • どうすれば自分のウェブサイトが独自性や、価値、魅力のあるサイトといえるようになるかを考えてみる。同分野の他のサイトとの差別化を図ります。

ウェブマスター向けガイドライン(品質に関するガイドライン) – Search Console ヘルプ

 

やましいことをしたり、ユーザーを騙して、人気を装っても中身が無いのでは虚しいだけです。Googleの基準では品質ガイドラインに反する記事はランキングから飛ばされる可能性がある、低品質コンテンツということになります。

 

当然のことながら、事実を書くと盛り上がりに欠けるからと言って、間違った内容を提供するのは言語道断です。

 

詐欺に注意

  • 「お金をあげたい」と言われ、サイト業者に登録料等を振り込んだが、お金をもらえなかった。
  • サイトで知り合った相手とメール交換をするために、たくみな勧誘により、ポイントを購入するよう誘導されるなどして、取り引きを継続させられた結果、気づいた時には高額な請求となってしまった。
  • 無料サイトを装って勧誘し、実際には有料サイトへ誘導する窓口となっていた。

料金体系やサービス内容に関するトラブルは、契約者ご本人さまの責任となりますので、有料メール交換サイトのご利用にはくれぐれもご注意くださいますようお願いいたします。

こんな犯罪手口にご注意ください|クレジットカードはライフカード

 

低品質コンテンツを作成しないようにするだけでなく、情報を集めるときにあなた自身が詐欺に合わないように注意してください。「誰々が絶賛しているから」という理由で思考停止してしまうと詐欺にあいます。

 

f:id:interacting:20170703190543j:plain

 

  1. 書かれている内容は適切であるか?
  2. インターネット上に同じような内容に触れている別資料はないか?
  3. 倫理的に問題はないか?
  4. 絶賛の影で何故か批判されていないか?
  5. なぜ絶賛されているのか、なぜ批判されているのか?

 

多少の時間は掛けてでもファクトチェックはしっかりと行いましょう。無料を謳っているノウハウでも間違った情報を利用すると、金銭的に損失が発生しなかったとしても、あなたが無駄にする時間損失は大きなものになります。

 

アドバイスとしては「注意一秒、怪我一生」の心積もりで。信じるか信じないかの判断は、他人任せにせず、あなた自身で考えたり、時には他の人に相談したりしながら、よく検討した上で選択する必要があります。

 

参考文献

マネジメント[エッセンシャル版] – 基本と原則

 

Posted by delightplan